かくてもあられけるよとあはれに・・・一条という上海発の動画サイト

人の暮らしを眺めるのが楽しい。
住まい、生活の道具、暮らしぶり。

特に探し求めたわけではないのに、いつのまにか視野に入ってきた映像のかずかず。
日本に暮らす欧米出身のガラス職人とその家族。
台湾の山中に展開する図書館のような住居。
中国の大都会に住む若い人々。
日本の由緒ある茶室・如庵とその守り人。
北京や上海の住居や街並みの再構成に貢献する若い建築家。

ドローンを飛ばしたのであろうか、空からの眺望を含む、美しい映像の数々。
実際にそこで暮らし、仕事をする人々の静かな語り。
国々と時間を越境し、多言語で提供される人々の暮らし。
どうやら上海から発信されているらしい動画の数々は、もしかしたら「時の花」かもしれない。
美術写真誌で活躍していた人が運営していると聞く。
おそらくは豊富な広告収入を基礎に、贅沢な取材を展開している。

タイトルは日本の古典から。
ひなびた山中に分け入ってよく手入れされた庭にたわわにみのった柑子の木がひっそりとたたずんでいるのを見る。
そのあとにはがっかりする話がつづくのだけれど、それはどちらでもよいこと。
あはれにながめるその風景だけがあり続ければよいことだ。

(9月4日に住まいと暮らしの気配として掲載したものを書き直した)

一条工務店という、おそらく全く独立した日本国内の工務店のサイトがあります。
上海の一条はグラビア雑誌のようで、工務店ではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント