アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
こころの交差点:木陰の補習教室
ブログ紹介
冥土のみやげは少ないがよい。
できることならば何も無いがよい。
けっきょく、考えてきたのは、そんなことでした。
あれやこれやの荷物。
あちらこちらに置き散らかしたもの。
形をあたえ、あるべきところにあるがように納めて、旅立っていく。
そんな、さばさばした人生を送ることができたら、望外の幸せ。
皆様のお力をお借りして、少しずつ進んでいるような気がします。
ありがとう、ございます。

なお、お若いかたがたは別室「木陰の補習教室」をご訪問ください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
丁寧に作られた手仕事の行方
 現代的でありながら、丁寧につくられた衣料や器など生活の品物を扱う小さな店があり、偶然のめぐりあわせを契機に懇意にしていた。わざわざ出向いていかねばならぬ場所にそれはあり、身辺多事のなか、すっかり無沙汰をかこっていた。  なんとか隙間のできた小さな時間に、車を伸ばして店の前を通過し、挨拶だけをかわした。実は今度の一月で店をしめるのだとその話だけを心残りにあたふたと辞した。  作り手を支える仕事、製品と使い手をつなぐ営み、作る場と使う場を見通す目。一見無償とも思える営みによって出来上がった製品... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 18:55
老いへ向かう日々の冬支度 寝室
昨晩遅く、夜着に着かえて書斎で残りの仕事を始めたら、寒い。 衣装庫の暗がりを探って上着を取り出す。 暦をたどってみると季節は寒露、霜降、立冬と続くさなかにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 09:11
人生フルーツ 津端夫妻と樹木希林
 名古屋市郊外高蔵寺ニュータウンの構想にあたった津端修一さんと夫人英子さんを取材したドキュメンタリーフィルムが人生フルーツと題されて映画となっている。 ナレーターを務めた樹木希林さんが亡くなったのを契機として、初めて見る機会に恵まれた。  津端修一さんと英子さんドキュメンタリー映画はまるで、現代のおとぎ話のようでもある。、  小津安二郎の1950年代、1960年代の作品が描く世界のように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/14 14:48
恩知らずの恨み節
長い付き合いを余儀なくされる関係がある。  してもらったこと。無理をとおしたこと。 そちらは、見事に忘れているものだ。 そして、掛けられた負担、してあげたこと。 それらばかりが恨みのように残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/12 23:49
チョムスキーのこと
ノーム・チョムスキー (Noam Chomsky)  『お国のためにT ペンタゴンのお小姓たち』(For Reasons of State) いいだもも訳 河出書房新社 1975年   『知識人と国家』 (Intellectuals and the State) 川村望訳 TBSブリタニカ 1981年  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 16:29
和して同ぜず 君子和而不同 小人同而不和
 高校生の頃、小さな(とは本人は思っていない)ことに噛みつく当方に、すました顔で斯様に宣うた同級生がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/07 03:01
校外学習は何のために計画されたのか?
小学校1年生の男の子が亡くなった。 7月、夏休みを目前にした陽光厳しい昼、集団で徒歩千メートルほどの公園へ移動し、そこの遊具などを利用して時間を過ごし、学校へ戻ってのちに。 校長は「判断を誤った。 しかし毎年行っている年中行事なので」と説明したという。 しかし、だとすれば、厳しい暑さか、そうでなければ梅雨の名残のこの時期になぜこのような活動が年中行事として計画され続けているのか、不思議である。亡くなった子だけではない。少なくない数の子らが辛さを訴えていたという。それでも励まし、計画を強行す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 23:19
組織内部の問題について外部へ発表するとき
某大学に関連して組織がらみの不祥事が問題となり学長が対応の状況について外部に向けて公表する。 理事長の対応に対しての質問があり、その予定について口ごもりながら「…されると思います」と話す。これに「おかしい」「変だ」「敬語の使い方を知らない」との意見が飛び交った。そだよね。組織の代表として組織の対応を公表する場合に必要なのは聞き手に対する敬意のはず。でも学長はうろたえている。理事長に物申せない恐怖感が垣間見える。しかし、それは組織内部の問題である。自らの恐怖感を外部の人間にも共有するように強要し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 09:02
鶴見和子 1996 内発的発展論の展開 筑摩書房
第T部 原型理論 第1章 内発的発展論へ向けて 第2章 内発的発展論の系譜 第3章 内発的発展論の原型 費孝通 柳田國男  第4章 内発的発展と模式論 模式とは 蘇南模式 基点 温州模式 対比 蘇南模式 変容 珠江模式 展開 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 09:51
スポーツ競技の進む道
2月の平昌オリンピックはすでに遠くへさってしまったかに見える。 次は2020年の東京オリンピック。 そこへ向けての選手強化問題も絡んで、世の中は喧しい。 パワーハラスメント、師への裏切り、選手の選考をめぐる議論。出場権あるいはその独占をめぐるせめぎあい。 感情の爆発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 19:04
職場を去るの辞
 43年間勤めた職場で定年を迎えた。最後の半年間は最後の仕事をこなしながら、職場の片付けに追われた。  これまでにも折に触れて、古いものを整理してきたはずであるのに、10年前、2008年、20年前、1998年、30年前、1988年、40年前、1978年。それぞれに整理しきれなかった、中断したままの仕事、解決できなかった問題が幽霊の様に顔を出す。  仕事につくまでの25年間、43年間の就業期間、そして、最大見積もっても25年間の残りの期間。  最期の期間を見据えて、残りの仕事に必要なものを残... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 15:55
手元の記憶
43年使った研究室を片付けている。 研究費で購入し、図書館に返却すべき本を少しずつ返して来た。 あと残り208冊とリストが到来したのが3週間ほど前。 講義の集結をにらみながら、整理に励み、教室にいた学生のグループに頼んで、整理の終わった本をまとめて運んでもらったのが1週間ほど前。あと残り36冊とざっと計算。書架の上の方、ラベルがカバーの陰に隠れているもの、小さな目立たぬ冊子。長い副題のついた恩師の著書も、退職の折の大部な刊行物ではなく、小さな放送大学のテキストだった。少しずつ発見されるもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 06:09
竹内敏晴 1989 子どものからだとことば
子どものからだとことば (犀の本) 単行本 – 1989 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 12:56
久世敏雄 1996 青年心理学
久世敏雄  1996  青年心理学 その変容と多様な発達の軌跡 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 10:15
奥田瑛二 2006 長い散歩
奥田瑛二 監督 2006 長い散歩 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 09:15
社会的構築主義への招待
ヴィヴィアン・バー著 田中一彦 訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 09:13
The cognitive structures and processes of human...
The cognitive structures and processes of human motivation and personality ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:32
自明性の喪失:分裂病の現象学
自明性の喪失:分裂病の現象学 w.ブランケンブルグ 木村敏・岡本進・島弘嗣共訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:12
社会構成主義の理論と実践:関係性が現実をつくる
社会構成主義の理論と実践:関係性が現実をつくる K.J.ガーゲン著 永田素彦・深尾誠訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:11
あなたへの社会構成主義 
ケネス・J・ガーゲン 著 東村知子 訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:11
竹内敏晴 からだ・演劇・教育
竹内敏晴 からだ・演劇・教育 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:11
自己愛の青年心理学 
小塩真司  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:10
文化システム論 
文化システム論  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:10
瀬戸賢一 1995 メタファー思考 意味と認識のしくみ
瀬戸賢一 1995 メタファー思考 意味と認識のしくみ 講談社現代新書 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 06:13
日名子太郎 保育内容 人間関係 1996 学芸図書
図書館へ移籍 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 04:11
The cognitive bases of interpersonal communication
The cognitive bases of interpersonal communication ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 12:33
社会文化的アプローチの実際
社会文化的アプローチの実際 学習活動の理解と変革のエスノグラフィー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 06:17
Behaviour analysis & contemporary psychology
Behaviour analysis & contemporary psychology ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 06:02
Ordinal methods for behavioral data analysis
Ordinal methods for behavioral data analysis ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 05:53
コーエン 今井訳 2001 子供は言語をどう獲得するのか
子供は言語をどう獲得するのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 05:36
山口智子 2004 人生の語りの発達臨床心理 ナカニシヤ出版
山口智子 2004 人生の語りの発達臨床心理 ナカニシヤ出版 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 05:24
竹下秀子 1999 心とことばの初期発達 東京大学出版会
竹下秀子 1999  心とことばの初期発達 霊長類の比較行動発達学 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 05:15
鹿取廣人 2003 言葉の発達と認知の心理学
鹿取廣人 2003 言葉の発達と認知の心理学 東京大学出版会 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 05:02
質的研究入門
質的研究入門 <人間の科学>のための方法論 ウヴェ・フリック著 小田博志・山本則子・春日常・宮地奈緒子訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 04:52
Identity formation, agency and culture
Identity formation, agency and culture: A social psychological synthesis ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 14:22
Experiencing emotion: A cross-cultural study
European monographs in social psychology ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 14:17
The communication theory reader 1996
The communication theory reader ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 14:13
Children's emotional lives: sensitive shadows ...
Children's emotional lives: sensitive shadows in the classrooma ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 14:02
Perception and its development
Perception and its development : A tribute to Eleanor J. Gibson ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:54
The self
The self ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:50
Teaching and learning in changing times
Teaching and learning in changing times ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:46
A cognitive theory of learning
A cognitive theory of learning: Research on hypothesis testing ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:34
杉原一昭 1989 論理的思考の発達過程 田研出版
杉原一昭 1989 論理的思考の発達過程 田研出版 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:15
Self-knower: A hero under control
Self-knower: A hero under control ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:14
Archetype: A natural history of the self
Archetype: A natural history of the self ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 12:52
Developmental psycholinguistics: On-line methods..
Developmental psycholinguistics: On-line methods in children's language processing ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 12:45
Developmental social psychology
Developmental social psychology: From infancy to old age ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 10:57
Statistical reasoning in psychology and education
Statistical reasoning in psychology and education 2nd edition ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 10:54
Art and Perception Towards a visual science of art
Art and Perception: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 10:52
Cognitive behavioral psychology in the schools
Cognitive behavioral psychology in the schools: A comprehensive handbook ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 10:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる