テーマ:言語

チョムスキーのこと

ノーム・チョムスキー (Noam Chomsky)  『お国のためにⅠ ペンタゴンのお小姓たち』(For Reasons of State) いいだもも訳 河出書房新社 1975年   『知識人と国家』 (Intellectuals and the State) 川村望訳 TBSブリタニカ 1981年  藤永茂さんのブログ 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸賢一 1995 メタファー思考 意味と認識のしくみ

瀬戸賢一 1995 メタファー思考 意味と認識のしくみ 講談社現代新書 瀬戸賢一 1951- 専攻は英語学・レトリック メタファー発見 視覚のメタファー   見る 分かる 光と闇 空間のメタファー   位置と運動 人生は旅 道 メタファーと現代社会   心理 経済 科学 2月5日図書館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口智子 2004 人生の語りの発達臨床心理 ナカニシヤ出版

山口智子 2004 人生の語りの発達臨床心理 ナカニシヤ出版 第1部 理論編 1 人生を語ること 2 これまでの研究と本著の研究目的 第Ⅱ部 研究篇 3 高齢者の回想 人生の語りについての予備的検討 4 高齢者は人生をどのように語るのか 語りの構造について 5 人生の語りは時の経過のなかでどのように変容するのか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

竹下秀子 1999 心とことばの初期発達 東京大学出版会

竹下秀子 1999  心とことばの初期発達 霊長類の比較行動発達学 東京大学出版会 序章 比較行動発達研究の前提 第1部 霊長類乳児の姿勢反応と対象操作の発達比較 1 自発的な姿勢ー運動の行動型 2 姿勢反応 3 対象操作 4 発達連関の比較 第Ⅱ部 チンパンジー、ボノボ、ヒトの対象操作と道具使用 5 チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿取廣人 2003 言葉の発達と認知の心理学

鹿取廣人 2003 言葉の発達と認知の心理学 東京大学出版会 0 はじめに 1 コミュニケーション行動とは 生体信号系とシンボル機能 2 言語障害児を相手として その療育事例 3 知覚・認知の発達メカニズム  4 初期の知覚と認知 信号処理システムの形成 5 おわりに ふたたびことばの発達の基礎にあるもの
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡ノ谷一夫・石森愛彦 2010 言葉はなぜ生まれたのか 文藝春秋

岡ノ谷一夫・石森愛彦  2010 言葉はなぜ生まれたのか  文藝春秋 1.「ことば」はどこからやってきたのか 2.息を止めなければことばはしゃべれない 3.デグーの「単語」 4.ジュウシマツの「文法」 5.ハダカデバネズミの「あいさつ」 6.ヒトは歌うサルだった? 7.赤ん坊はなぜ泣き続けるのか? 終章 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村田孝次 1981 言語発達研究 その歴史と現代の動向 培風館

1.言語発達研究の歴史(1) 19世紀から1950年代へ 2.言語発達研究の歴史(2) Chomsky理論と発達心理言語学 3.現代の理論的動向の源流      変形生成的アプローチ     認知論的アプローチ     意味論的アプローチ     実用論的アプローチ 4.現代の研究問題と研究の成果 5.残された諸問題 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more