テーマ:教育

授業の記憶 番外編 7 先生は寂しがり屋だった (再掲記事)

以前の記事を再掲します。 2018年12月12日 授業の記憶番外編 7 先生は寂しがり屋だった 人 仕事のスタイル 先年亡くなった人を偲んで、小さな集まりがあった。 昔語りに盃を捧げようという。 話題はその人と共有した40年以上前の時間に及び、共通の恩師の話にたどり着いた。 弟子と孫弟子、その末端といった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 6 二〇〇七年一月日曜日 四十三年の両端で(再録記事)

以前に書いた記事の再録です。当時授業の記憶番外として。 2007年01月22日 二〇〇七年一月日曜日(「授業の記憶 番外」)  年賀状と一緒に写真展の案内が届いていた。日曜日、最終日、それも午後になってようやく時間がとれ、出かけた。中学校のときの恩師が所属する団体の公募展である。  入り口で挨拶すると、やあ、忙しいん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 5 歩いた跡ををたどる

昔書いた記事です。 同級生から学んだこと、そして、読んだ本から学んだこと。 2006年08月09日 歩いた跡ををたどる 方法 ひとりの作曲家、ひとりの作家の歩いた跡をそのままにたどってみることを教えてくれたのは中学3年定期試験のときに決まって隣の座席になった少年だった。教えてくれたというより、悔しくて盗んだ方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 4 変わらなければ死んでいるのと同じ

14年も前の記事です。母親の、小学生の娘への授業。 2006年04月14日 変わらなければ死んでいるのと同じ 母 映画 子供 前みたいじゃないの   でも、何も前のままではいられないのよ   変わっていくの、   新しい時がやってくるの   何もかも動かないってことは   それは、死ってことよ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 3 反語的表現

15年近く前、掲載したものです。 こんなやり取りができたのは、とおい昔の仲間内だったように記憶しています。 教室の外で、教えられたことでした。 2006年01月05日 反語的表現 人間関係 方法 最高につまらない話を聞いて、いやあ、今日はいい話を聞いたよとやる。 すごいやっちゃと思いながら、あんたバカじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 2 「役に立つことだけをする」という浅慮

15年も前の記事です。振り返ってみれば、学び取ったことは、夜闇の海を、訳も分からずかき分けてえたものだったようです。 その結果、ああそうだったとブイに気づく。 書き直した方がよいと思われる、文章ですが、とりあえず、このままに。 2005年12月02日 「役に立つことだけをする」という浅慮 授業 方法 「役に立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業の記憶 番外編 1 自分自身の頭の上の蝿を追え 

15年も前に、以下の記事を掲載した。高校生時代に授業で受けた教訓をなにも理解していなかったことを改めて確認した。 2005年10月23日 自分自身の頭の上の蝿を追え (人間関係のスタイル 4) 人間関係 社会  まだ、ほんの駆け出しの頃だ。  どういういきがかりであったか、ひとの世話を焼いたことがあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思ったようにやるんだ手出しをするな

小さな子供が新しいおもちゃ「まり」を手にして遊ぶ。 押せば転がる、落とせば弾む。 加えた手と「まり」の動きを初めての経験として試し、試しなおす。 もっとたくさんの「まり」を一緒に動かしてごらん、たくさんの手が加わる中で遊んでごらん。 予測できないたくさんの「まり」の動き、たくさんの「手」の動きの中で混乱し、対応のリズムを失う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩竹美加子 フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

うっかり2冊購入してしまったからとまわされてきた新書版。 著者岩竹美加子さんは、1955年生まれ。ほかに「PTAという国家装置」という著書があるらしい。 1.フィンランドで親をやるのは楽だった 2.フィンランド式「人生観」の授業と道徳 3.フィンランドはいじめの予防を目指す 4.フィンランドの性教育 5.フィンランドはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余滴というには贅沢な

恩師から本をいただいた。 研究者による研究生活余滴。 そんな風に表現してはもったいない。 一つ一つの話題からさまざまな問題に連想が展開し、あたらしい仕事につながっていきそうな楽しみがある。 学生時代、研究法の演習での経験。 3年生が論文を選んで紹介する。 紹介と討論に続いて先生がよもやま話をする。 研究余滴。 半世紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しい関係

いじめを受けたことによるとされる自殺についての報道がもたらされる。 そして、いつものように、教師の責任、管理者の責任が問われる。 いじめを把握しなかったかどで。 いじめを防がなかったという理由で。 学校の外で起きたことにどう責任をとるのか。 目に見えない関係をどう制御するというのか。 いきおい、学校は、学校外での子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い子は僕一人

心理学が人の振る舞いの源泉において来たのはながらく、「欲望」であった。 欲望を中心に、関係を組み立てる。 「飯を腹一杯食いたい」 「苦痛を避けたい」 「人を思うままに動かしたい」 「人に勝ちたい」 何よりもそれを肯定し、そこから対立をみきわめる。 僕の欲望を妨げるものはなんだ。 そこから、整理してみること。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「団塊現象そしてNODAME」について

「団塊現象そしてNODAME」について 12年近く前、団塊の世代が60歳代になると段階現象の世界的広がりについて書いた。そして、今は、70歳代に突入している。 音楽も、スポーツも、若い人々が空間移動を重ね、技を競い合う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋隠居道 小学校入学式

 志願したわけではない。順番に回ってくる集合住宅の理事。その中の役割で、あろうことか自治会長になってしまった。町内会長と名付けているところもある。  200万都市を構成する各区。それがさらに小学校の学区に分かれる。  この学区に対応して区政協力委員が配置され、学区内の各自治会と区政のつなぎ役を務める。  小学校の入学式に出席するは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「裏山を金色の光が、あるいは A far nation」について

「裏山を金色の光が、あるいは A far nation」について 昨年、堀田善衛生誕100年、没後20年を刻んだ。 この記事から10年を経て、回想記、晩年の著作に舞い戻る。 城館の人、ボルドー奥の山の館にこもったモンテーニュのミシェル。 カトリックとプロテスタントの諸派、それぞれにつながる富と権力。そのころ、日本は徳川の御世の前。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダッチ他 2016 学生が変わるプロブレム・ベースド・ラーニング実践法

ダッチ・B.J. グロー・S.E. アレン・D.E. 編 山田康彦 津田司 監訳 三重大学高等教育創造開発センター 訳 2016 学生が変わるプロブレム・ベースド・ラーニング実践法 学びを深めるアクティブ・ラーニングがキャンパスを変える ナカニシヤ出版 The Power of problem…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

辰野千寿 編 1986 教育心理学 山文社

辰野千寿 編 1986 教育心理学 山文社 教育心理学の課題と研究法 発達と学習 幼稚園児の心理と指導 小学生の心理と指導 中学生の心理と指導 高校生の心理と指導 学級経営 学習指導 生徒指導 道徳の指導 特別活動の指導 障害児の心理と教育 教育評価 統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望月一枝 2012 シティズンシップ教育と教師のポジショナリティ―

望月 一枝 シティズンシップ教育と教師のポジショナリティ―家庭科・生活指導実践に着目して 2012/5/1 勁草書房 市民教育と教師の位置づけ 家庭科・生活指導実践に着目して このようなタイトルではなぜ不足なのか。citizenship positionally をカタカナにしてタイトルに使っています。 市民形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タングルウッドと小沢征爾音楽塾

小沢征爾が率いる若い人たちのオペラコンサートが当地で開かれ、同僚が出かけたという。 タングルウッド音楽祭とそこでの研修会を連想したが、その同僚はサイトウキネンオーケストラの方が原型ではないかという。 口をついてでたのがタヴィストックという、似て非なる名前だったのはご愛嬌。 改めて、タングルウッドのことを調べた。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最後の抵抗

 今の世の中、たくさんの迷路を準備することでしか、怒涛の流れを食い止められないのかもしれないと、そのように思うのです。  人々の発想がぬかるみのなかの轍にはまっていくように、いくぞいくぞと除けたい方向へ導かれていく。  水か流れる別のでこぼこ、いくつもの絡まる水路を拓き、わだちへと進む道筋を変えていかねばならない。  鶴見俊輔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Step aside

週末の午後、滝山コミューン 1974 を読む。 1970年代、首都圏の団地にある小学校。 全生研(全国生活指導研究会)に依拠した学校と地域の民主化運動を回顧するドキュメンタリーフィクション。 戦争前の班活動、町内活動の編成の仕組みとつなげ、児童会の委員を核とした学校「運営」。 著者は「民主」、「こどもの自主性」を御旗にしたもうひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Maresuke Nogui

年譜によれば乃木希典(1849-1912)は1886年、37歳に至ってはじめてドイツに留学したとある。 幕藩体制下の江戸に生まれ、10歳を前に長府に移り、長府藩報国隊奇兵隊と合流して幕府軍との戦に身を投じたのが1865年、16歳。少し前の世代の人々の代表的な人々が立場を問わず、近代合理的学問と西洋の制度についての関心を持ち、研鑽の場を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

だれがこどもの教育を支援するか

トルコでのヨーロッパ青年学会第3日目のシンポジウム フィンランド、ドイツ、イギリスの教育と職業選択の道筋が比較される。フィンランド、ドイツについての報告は以下の予定。 JIL 下村英雄氏の論文への意見論文を、一年前にまとめた機縁もあり、関連研究に引き寄せられる。 FAMILY RESOURCES AND ADOLE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more