物事や人々から距離をとる能力:豊永郁子さんのサッチャーとメルケル論

少し前、知人から渡された新聞の評論記事。政治学者の豊永郁子さんが二人の女性政治家を論じている。信仰、勤勉さ、科学的素養と3つの点での共通性を論じたうえで、ウェーバーの職業としての政治の論を引く。彼が挙げる政治家としての3つの資質、情熱、責任感、判断力に言及した中で、判断力を物事や人々から距離をとる能力ー客観性ーとしている点が目を惹く。一…
コメント:0

続きを読むread more

高木 監修「挫折と向き合う心理学」 

高木秀明 監修 安藤嘉奈子・小沢一仁・橋本和幸編 「挫折と向き合う心理学」福村出版 2020  第1部  挫折の背景にあるもの (挫折を乗り越える鍵・青年期の発達的変化と危機) 第2部  挫折の要因  (親子関係・友人関係・恋愛関係・インターネット・いじめ・不登校・非行・犯罪・災害・注意欠如・・・) 第3部  挫折を支…
コメント:0

続きを読むread more

隠居の賀状

今年は賀状をどうしようかと思案していた。 すこしずつ、年上の知人から、そろそろ遠慮しますと連絡が届いていた。 遠慮というのは発信を控えますということだろう。 こちらから差し上げるのは構わぬという人もいる。しかしあらぬ負担をかけるのもとあれこれ迷う。 年下の知人には現役引退した年寄りとの交信などめんどうだろうとつい遠慮が働く。 …
コメント:0

続きを読むread more

ゆずをたくさんいただいたので

2年ほど前、有機栽培の檸檬が見つかった折、檸檬塩というものを作って瓶詰にしていた。 こてらみやさんの「魔法のびん詰め」という本にレモンのコンフィとして案内のあったものを手本に。 鶏肉の下ごしらえ、漬物の塩として、様々な料理の味付けに使い続けて使い切った。 次を準備したいと思うものの有機の檸檬がみつからない。 そこへ大小さまざまな…
コメント:0

続きを読むread more

新しい年 これまでとこれから

1950年 元旦 1960年 元旦 1970年 元旦 若草山、山焼きに出かける準備をしていた。   1980年 元旦  1990年 元旦 2000年 元旦 年末を過ごしたフランスから帰国する飛行機の中にいた。 2010年 元旦  2020年 元旦  元旦の夜明けにようやく賀状の印刷を終えた。 昨年は家人の病気療養を…
コメント:0

続きを読むread more