物事や人々から距離をとる能力:豊永郁子さんのサッチャーとメルケル論

少し前、知人から渡された新聞の評論記事。政治学者の豊永郁子さんが二人の女性政治家を論じている。信仰、勤勉さ、科学的素養と3つの点での共通性を論じたうえで、ウェーバーの職業としての政治の論を引く。彼が挙げる政治家としての3つの資質、情熱、責任感、判断力に言及した中で、判断力を物事や人々から距離をとる能力ー客観性ーとしている点が目を惹く。一般的には女性の能力の対極に置かれることの多い対人的、対物的な距離関係が、この二人の卓越した女性政治家の特徴であるというのである。

** 2019年10月15日 朝日新聞 豊永郁子 政治季評 サッチャーとメルケル 共通する三つの内的資質

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント