日曜日のくらし 2019年11月某日

月末の日曜日、朝、ローマ教皇、長崎訪問の報道。 朝一番の白湯をつくり、歯磨き、うがい。 ゆっくりと白湯を摂る。 ベランダの掃除。 下階の住人からといあわせのあった飛来物。 たばこの吸い殻というが、ここでは微小な白い粉。 改めて掃除機をかけて様子を見ることにする。 いずれ、地上20メートル、30メートルの住戸でも、近くの運動…
コメント:0

続きを読むread more

余滴というには贅沢な

恩師から本をいただいた。 研究者による研究生活余滴。 そんな風に表現してはもったいない。 一つ一つの話題からさまざまな問題に連想が展開し、あたらしい仕事につながっていきそうな楽しみがある。 学生時代、研究法の演習での経験。 3年生が論文を選んで紹介する。 紹介と討論に続いて先生がよもやま話をする。 研究余滴。 半世紀…
コメント:0

続きを読むread more

Paweł Pawlikowski Cold War

近くの映画館でポーランド出身の映画監督パヴェウ・パヴリコフスキの映画Cold War を観る。1949年から1960年代。 第2次大戦後ポーランド、革命政権が民族音楽・舞踊を支配の道具として手中に収めていく時代。 逃れた先には音楽がグローバルな商品として取引される世界がある。 双方の空疎。 あるいは決してそこに身を置きたくはない…
コメント:0

続きを読むread more

仕事場での一人の夕食

大して仕事はできないのに、仕事場で過ごすことが多い。 夕食はたいてい一人である。 今日の夕食は。 冷蔵庫の野菜入れから切り分けて下処理した白菜、葱、それにしおれかけた小松菜の外葉、前日切り分けてオリーブオイルにつけた赤鶏の胸肉。 鍋にほおり込み、中火から細火で10分ほど加熱。 日本酒も少し加えて。 鶏の胸肉は一枚で150…
コメント:0

続きを読むread more

中上健次と坂本龍一

坂本龍一がある月刊女性誌に連載記事を書いている。 橋本淳一郎の「時間はどこで生まれるのか」を知ったのも、その連載記事である。 最新号では生前の中上健次とその著書のことが書かれている。 昨夕、はがきを投函するついでに立ち寄った喫茶室で目にした。 二人の交流のことは知らなかった。 そして、中上健次の著作は注意深く通り過ぎてきた。 …
コメント:0

続きを読むread more

あなたのために 

地下鉄の乗換駅。 新線は8分から10分の待ち時間がある。 ぞろぞろとホームに並ぶ。 待ち続けて到着した列車の入り口で列が崩れる。 身体の不自由な人、おなかに子供を抱えた人のための優先席に二人連れの女がなだれ込む。 こっちこっち。 あっけにとられて反対側にまわる。 女子高生が立ち上がって席をゆずろうとする。 よいのですよ。…
コメント:0

続きを読むread more