10年目の浴室掃除

何をしていたのかとあきれる。
たしかに時々外して掃除をするようにという浴槽の側面に細かい字でかかれた案内には初めから気付いていた。
しかし、160センチはあろうかという浴槽を持ち上げてと、案内の細部は読み取れぬまま手を付けかねていた。
檸檬の切れ端に重曹をつけて水回りの掃除をするとよいと言われた。
たまたま檸檬をまとめて調理して、へたのいくつかが手元にあった。
重曹を加えて、この際取り組んでみようかと思い立った。
暑さが募り、本業に心が向かなかったせいもある。

ルーペをつけて、不自由な体を屈め、浴槽の低いところに書かれた、排水口の小さな部品をいくつか外し、エプロンを取り外すという案内を何度も読み直しながら、身長を超える板を手前に引き出す。
あとは部品を洗剤に浸し、浴槽の下部にシャワーを回し掛けして掃除をする。

なんとか独りで元の形に戻すまで達成したけれど、疲れは夕刻から翌日に及んだ。

新しい便利な住宅設備、高い天井、大きな浴槽、いずれも手入れひとつ、老いた我が身には手に余る。
便利さと、それによって身を甘やかすことで能力は落ちていく。
その一方で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント