夏を片付ける

P9060040.JPG9月最初の土曜日。
寝室から真夏の半そでシャツをとりわけ洗濯機に入れる。
今年の夏は終わり。洗いなおして次の季節のために仕舞う。
念入り洗いのメニューで少し多めに酸素漂白剤を加えて。
所要時間40分余り。
掃除機をかけ、寝具を整え直す。
読みかけの本二冊とノート。

阿波しじらの半袖シャツ2着。
いくつの夏を過ごしたろう。
くたびれてきたけれど、気に入っているこれに代わるものがない。
手入れをして次の夏も使う。
白い量産品の麻のシャツ2着。
両胸にポケットがついているから捨てがたい。
量産品のポロシャツ数着。

白いシャツは天日にあててしまう。

今日はここまで。

これから後の日々はタンクトップという袖なし下着と長袖の上着でしのぐ。

この夏、衣料品の購入はひとつもなし。
夏物の売り立てにも足は向かなかった。
断捨離とやらより、入るを制するほうに。

ミニマリストという生活スタイルの若い人は数着を着まわして季節ごとに更新するという。

10年は着続けたシャツ、まだ10年は着続けるだろうか。60代、70代の日々。

処分するもの、買い置きと入れ替えるものといえば、くたびれた下着だろうか。

寝室も秋仕様に。
青いシーツとカバーから白と薄茶色。
ベッドは檜の無垢材。ヘッドボードなし。幅の広いベンチのようなもの。
檜の香りが心地よい。
シーツは麻素材。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント