アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「首長の不正」のブログ記事

みんなの「首長の不正」ブログ

タイトル 日 時
すべてが許されると思うとき
 だれかが自分自身より恵まれた条件を与えられていると思うとき、あるいは自分自身が「不当に」恵まれない状況に置かれていると思うとき、様々な不正さえもその自分には許された権利だと思えてしまうのだろうか。  それが都知事であれ、少ない椅子を奪い合う雇われ職人であれ。  舞台は戦況悪化の小国、都心の商社本店。戦況下、会社の仕事は行き詰る。いっぽう、生活に逼迫した役員の親族が女子社員の少ない椅子を求める。椅子を明け渡すのは末席に座る二人のうち一人。ある事件をきっかけにこの決定はあっけなく下される。勤務... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/14 19:13

トップへ | みんなの「首長の不正」ブログ

こころの交差点:木陰の補習教室 首長の不正のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる