こころの交差点:木陰の補習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そして誰もいなくなった」2014年 について

<<   作成日時 : 2017/08/01 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「そして誰もいなくなった・・・」について
2014年夏からはや3年。
1917年からはや100年。
少年レーモンの夏休みから。
1957年夏から60年。
地方都市の小学校2年生の夏休みから。
そして、慌ただしく人々は、同じところで同じようにじたばたしている。

あたかも、それらのあれこれが根の無いたよりなさと何も無い空疎を埋め合わせてくれるかのように。

ジャンヌ・モロー死去を知る。
2017年7月31日 89歳。
新聞報道によれば自宅アパートに倒れているところを家政婦に発見されたとある。

死刑台のエレベーターの公開からも60年。

*****

ジャンポールベルモントは84歳。
一度病気で倒れたけれど。

アランドロンは81歳。2度目の引退表明をしたという。

二人とも、若い人は知らないという。

アランドロンの山猫1963年、太陽がいっぱい 1960年、ジャンポールベルモントの気狂いピエロ 1965年。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「そして誰もいなくなった」2014年 について こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる