こころの交差点:木陰の補習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 一歩一歩、薄暗がりに踏み込む

<<   作成日時 : 2016/02/17 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山間の渓流にかかった橋の上で、「若い人たちはよいですね。私たち年寄は、一日一日うす暗がりに入っていくようで・・・・」
そんな言葉を聞かされたのはもう40年以上も昔のことでしょうか。
そのとき、その女の人は今の私よりもう少し若かったような気がします。
遠い未来のことのように思われた道のりの向こう。
しかし、振り返ってみれば30代には30代の、40代には40代の、そして50代には50代の、さらに60代にも70代にもそれぞれの峠があり、その峠を越すことなく身罷った人々がありました。
鼻から先は闇。
その闇を、粗忽ものの己は悟ることなくやり過ごしています。

しばらく新しい記事が書けぬまま過ぎたのは、少し闇に踏み込んだゆえであるのか、あるいは、ただあたふたと危なっかしい毎日を過ごしたために過ぎぬのか。 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一歩一歩、薄暗がりに踏み込む こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる