こころの交差点:木陰の補習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下に蠢くもの

<<   作成日時 : 2015/09/21 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

水仙の香り」について
イギリスのテレビドラマを見る。
時は第二次大戦中。
かの国はナチスドイツを迎え撃つ。
ユダヤ系の人々や関わりのある人々がドイツや欧州本土から逃げてくる。ベルギーも、オランダも陥落する。
反ユダヤによる地下組織。国策に抗い、ドイツとの同盟を画策する。もう1週間もすればイギリスはナチスドイツの支配下となる。そうすれば、直前の殺人事件も、盗難も、すべて反故に付される。来るべき世のために、ホテルを乗っ取り、財産を手中に入れる。戦時とはかようなことであるのか。
戦時下の刑事は合法的な社会を維持する道筋へ向けて、黙々と仕事をする。たとえはかないものであれ、「存在する」と仮定して、そこへ向けてひたすら働くこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地下に蠢くもの こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる