こころの交差点:木陰の補習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 初恋地獄篇の羽仁未央

<<   作成日時 : 2015/08/06 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1960年代の終わり、高等学校を卒業したばかりの春だったろうか。
 禁18歳未満という映画を初めて見た。
 それが羽仁進と寺山修司の初恋地獄篇だった。
 多分、東京の小劇場でしか見られないような映像をそれは見せてくれていたはずである。
 その中に、両頬の丸い小さな女の子が墓地の中で主人公と何度が出会う場面があった。
 その女の子が羽仁進と左幸子の娘、羽仁未央であった。映画監督の羽仁進が教育論もあちこちに展開していた時期であり、少し前には生まれたばかりの未央の育児日記が新聞に連載されてもいた。
 羽仁進は独自の教育論に従い、未央を長期にわたるアフリカの動物映画撮影に同行するなど、通常の学校教育から引き離して育てた。
 未央はその後、我々の視界に香港・ベトナムでのメデイア活動者として、いっとき登場し、その後東京の住居かつ仕事場での姿がインタビュー記事として上ってきたりした。
 半年ほど前、ふと消息が気になって調べてみると、すでに鬼籍の人であった。
 長い間異なる時間を生きていた。

 羽仁未央 1964−2014

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初恋地獄篇の羽仁未央 こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる