こころの交差点:木陰の補習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 「卯月の雨」について 音楽の神様

<<   作成日時 : 2013/07/05 05:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

卯月の雨」について

 ずいぶん昔のことになる。家人の友人が二年ほどフランスに滞在していたことがある。その時期からみると今から20年は遡るころだろう。ある交響楽団の会員権を留守中、引き継いでいた家人とともに、こちらは当日券を並んで入手するつもりで首都の大きな演奏会場へ出かけたことがあった。
 その行列に小柄な紳士が近づいてきて、一枚余分にあるから差し上げるという。恐縮しながら結局、その紳士と隣り合わせの指定席に座るはめになった。その日のプログラムは忘れてしまったが、チェロ交響曲が含まれていたことだけは憶えている。というのも、音楽大学で樂理を教えているというその紳士が、ソロを担当したチェロ奏者を「あいつはなまくらになった」というような表現で酷評していたからである。
 まだLP版のレコードが店頭に並んでいたころ、古い知人のチェロの恩師だというそのソリストの文章を目にしたことがあった。この二つの因縁で頭の片隅にのこっていた。その後のそのソリストの歩みは、確かにその樂理の先生の手厳しい評価が先取りしていたのかもしれない。
 思いもかけぬ僥倖に、お礼を申し上げる機会も逸してしまった。あの方は「カミサマ」だったのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「卯月の雨」について 音楽の神様 こころの交差点:木陰の補習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる